アミノ酸シャンプーと市販のシャンプーの違い

アミノ酸シャンプーと市販のシャンプーの違い

アミノ酸シャンプーと市販の一般的なシャンプーの違いは、何と言っても使われている洗浄成分が違うと言うことです。

 

アミノ酸シャンプーはその名の通り、洗浄成分にアミノ酸系の成分が用いられていますが、市販の安いシャンプーはそのほぼ全てが石油系界面活性剤使用です。

 

石油系界面活性剤のメリット・デメリット

 

石油系界面活性剤はとにかく洗浄力が強く、そして安いため安価なシャンプーに必ずと言っていいほど採用されている洗浄成分です。

 

洗浄力が高いのはいいのですが、しっかり揉み洗いしようとすると皮脂を洗い流しすぎてしまい乾燥を招いたり、頭皮が洗いすぎによる皮脂不足を察知し逆に皮脂過剰分泌を招いたりと何かとトラブルの原因となる成分です。頭皮に刺激が強いというのもマイナス点です。

 

参考:市販のシャンプーはフケ、かゆみなど髪トラブルが多い

 

アミノ酸シャンプーは頭皮に優しい

 

一方でアミノ酸シャンプーに用いられているアミノ酸系界面活性剤は、洗浄力がマイルドです。

 

マイルドとは言えしっかりと揉み洗いする分には十分な洗浄力を有し、適度に皮脂を落とし乾燥や皮脂分泌の増大を招かないため扱いやすい洗浄成分です。かつては高価でしたが、アミノ酸シャンプーが増えてきたことによりスケールメリットでずいぶん安くなりました。

 

市販のシャンプーは石油系界面活性剤使用ですので、基本的にどのような髪質の方にもお勧めしません。脂性肌の方はその傾向が悪化することが多いですし、そうでなければ頭皮の乾燥が懸念されます。

 

逆に頭皮に優しいアミノ酸シャンプーはオールマイティでどんな髪質の方にも、どんなトラブルを抱えた人にも勧められるもので、価格が下がった今アミノ酸シャンプーを選ばない理由はありません。

 

当サイトがおすすめするアミノ酸シャンプー一覧