市販のシャンプーを使うとフケ、かゆみが酷くなる

市販のシャンプーを使うとフケ、かゆみが酷くなる

シャンプーは人によって、頭皮と合う合わないと言った問題があります。そして相性が悪い場合、典型的な症状としてフケやかゆみの発生があります。

 

フケやかゆみが発生する原因はいくつかありますが、最もよくあるものに「頭皮の乾燥」があります。フケとは頭皮からはがれ落ちた細胞の死骸ですが、乾燥すると表面の皮膚細胞が浮き出てはがれ落ちてしまいます。

 

頭皮以外でも乾燥すると唇が剥けてきたり、肘や膝、かかとなどが角質化したりという経験があると思います。また乾燥すると免疫機構の能力が弱まるため、雑菌などに負けやすくなり、その意味でも細胞の残骸であるフケが発生しやすくなります。そしてそのような状態だと頭皮にかゆみが発生するのが一般的です。

 

市販のシャンプーが良くないといわれる理由

 

市販のシャンプーを使うとこういう状態に陥りやすい訳は、ほとんどの場合洗浄力が過剰だからです。というのも、多くの安価なシャンプーは洗浄成分に石油系の界面活性剤を用いています。

 

成分表にラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどが記載されているものは石油系界面活性剤を利用したシャンプーです。これらを用いると多くの人の頭皮は皮脂が奪われすぎて乾燥し、その後リンスなどで脂を補充しなければフケやかゆみが発生してしまうというわけです。

 

しかしながらリンスは基本的に頭皮に塗るものではありませんし、脂を除去しすぎた後で脂を加えると言うのは矛盾した話ですね。これらの問題は、洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーを使うことでほぼ解決します。

 

当サイトがおすすめするアミノ酸シャンプー一覧

 

管理人愛用中のシャンプー!

 

アデランス ヘアリプロのレビューを読む!