シャンプーの種類

シャンプーの種類

シャンプーの種類には、現在広く販売されているものに石油系、石けん系、アミノ酸系の三つがあります。かつては石油系のシャンプーが圧倒的多数でしたが、今では主流が少しずつ移りつつあります。
石油系は、石油系界面活性剤を主な洗浄成分としたシャンプーのことです。

 

製造側としては原料が安価なこと、利用者側としては洗浄力がとにかく強いことから、一昔前まではほぼ全てのシャンプーが石油系といった状態でした。

 

しかしながら頭皮の研究が進められるにつれ、過剰な洗浄力によって皮脂を取り過ぎると、逆に大量の皮脂分泌を招きべたつきの原因になること、また石油系界面活性剤が頭皮のタンパク質の変性を招くことが明らかとなり、頭皮の健康を気にする人が一斉に敬遠し始めたことから販売数が減少しています。

 

石けん系のシャンプーは石油系の様な過剰すぎる洗浄力がなく、石けん素地を使ったシャンプーのため安全性も高いことから一部の健康志向の方に使い続けられています。

 

しかし石けん系シャンプーの多くはph調整剤が含まれていないことからアルカリ性で、頭皮はもともと弱酸性ですから石けんシャンプーで洗ったままにすると頭皮が自然に酸性に戻るまで免疫力などが落ちてしまいます。これを防ぐために専用の酸性リンスを用いる必要があり、若干面倒な点もあります。

 

そしてそのどちらの欠点も克服したと言えるのがアミノ酸シャンプーで、洗浄力の適度なアミノ酸系洗浄成分を用いたシャンプーは髪に優しく低刺激で、今多くの人に愛用されています。少し前までは高価な点が難点でしたが、今では多くのメーカーが参入したことで価格もこなれてきています。